排水管の水漏れの原因と予防法

排水管は、家庭の中の様々な場所にあります。キッチンや洗面所であれば、シンク下の戸棚の奥にあります。ここでは、排水管で起こる水漏れの主な原因や予防法をご紹介します。

■内部のつまり

排水管の水漏れの主な原因の一つは、内部のつまりです。掃除がしにくい排水管の内部には、日々の使用で知らず知らずのうちに汚れが蓄積しています。髪の毛やせっけんカスなどの汚れがたまり、水の流れが悪くなってパーツ同士の接続部分から水が漏れ出します。汚れ以外にも、化粧品のキャップや指輪などの細かい物が水と一緒に排水管に流れて、つまりを引き起こすことがあります。知らないうちに子どもがおもちゃを流してしまっていることも考えられます。



■経年による劣化やゆるみ

排水管の耐用年数は、使用頻度にもよりますが平均して約10年から15年程度です。長年使い続けると老朽化して不具合が生じるのは、どの部分、どのパーツにも共通しています。経年劣化による亀裂や穴あきなどの箇所から、水漏れが起こります。
また、排水管と床やシンクとの接続部分に使用しているナットやパッキンは、使用していくにつれて緩んでいきます。床の振動や地震などでもゆるみが生じます。ゆるんだ部分からじわじわと水が漏れたり、最悪の場合は完全に外れてしまったり、破損したりすることもあります。

■まとめ
今の住まいに引っ越してから10年くらいは経っているけれど、一度の排水管の点検や交換を行った記憶がないという場合は、水道修理業者を呼んで排水間の点検をしてもらうことも大切です。今水漏れが起こっていなくても、プロの目で見てもらうと、素人では発見できない不具合の予兆を見つけることができる場合があり、トラブルの防止につながります。
排水管のつまりを予防するには、市販されているパイプクリーナーや重曹を使って、日ごろから目に見えない内部もきれいに保っておく心がけが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ